採用ミートアップって何?開催するメリットやデメリット・成功させるためのコツを解説!

公開日:2022.04.05  更新日:2023.01.05
話題の採用ミートアップ!成功のコツと負担を軽減する実施方法とは?

最近では、採用活動においてミートアップを開催する企業が増えてきました。ちなみに採用活動におけるミートアップを「採用ミートアップ」と呼びます。

ミートアップという言葉は聞いたことがあっても、どのような意味なのか理解していない担当者も少なくありません。また、採用ミートアップを開催することで、実際にどんな効果があるのか気になる担当者も多いはずです。

そこで本記事では、採用ミートアップ を開催するメリットやデメリット・成功させるためのコツなどについて解説します。

 

採用代行(RPO)・採用イベント支援サービスをご紹介します

採用ミートアップとは?

採用ミートアップとは、求職者に対して自社の魅力を知ってもらうために開催する交流会のことです。2002年にアメリカのミートアップ社が提唱したことによって、日本でも普及するようになりました。

実際に採用ミートアップを開催することで、現場で働いている従業員と交流が深まり、会社の雰囲気や特徴などを肌で感じてもらえます。その結果、最終的には自社のファンになってもらうことが目的です。

採用ミートアップが注目されるようになった理由

採用ミートアップが注目されるようになった最大の理由は、少子高齢化に伴う労働人口の減少による、採用市場の変化です。

日本では、少子高齢化が問題となっており、多くの企業では人材不足に悩まされています。これまでは求職者からのアクションを待っていましたが、現在は超売り手市場となっているため、企業側が求職者へアプローチするのが当たり前となってきています。

アプローチする手法の一環として、採用ミートアップを実施する企業が増えてきたのです。

 

採用代行・採用イベントの成功事例はこちら

採用ミートアップを開催する3つのメリット

採用ミートアップを開催するメリットは、以下の3つです。

・自社のイメージがリアルになる
・採用につながりやすい
・比較的低コストでの開催が可能

順番に解説します。

自社のイメージがリアルになる

採用ミートアップを行うメリットの一つとして、自社の雰囲気や社員の様子などを実際に体感して理解してもらえることが挙げられます。

「働いてみようかな」と思う漠然とした気持ちが現実的になり、自分がどのように働くかを具体的にイメージできるようになります。また、採用に繋がらなかったとしても自社のファンを増やすことができるでしょう。

採用につながりやすい

採用ミートアップは、一般的な会社説明会と比べるとリラックスした雰囲気で行われることが多いです。

参加者同士が打ち解けたり、社員との良好な関係性が築きやすいことが特徴であり、堅苦しくなく参加ハードルが低くなることから、様々な人が参加することができます。結果的に、自社が求める人材を採用できる可能性が高まります。

比較的低コストでの開催が可能

採用ミートアップは、社内で開催するため場所代を抑えることができたり、食事も軽食であることがほとんどです。そのため、様々な採用イベントの中でも比較的コストを抑えて実施することができます。

 

採用代行・採用イベントの成功事例はこちら

採用ミートアップ を開催する3つのデメリット

採用ミートアップは、メリットだけでなくデメリットもあります。開催するデメリットは、以下の3つです。

・社内の協力、人手が必要
・企画、運営に労力が必要
・集客するのが大変

一つずつ解説します。

社内の協力・人手が必要

採用ミートアップは社内に人を集めて行うイベントであることが多いため、事前準備や片付けなどには自社スタッフの力が必要です。また、社員にイベントに参加してもらう必要もあるため、通常勤務を調整してもらわなければなりません。

企画・運営に労力が必要

採用ミートアップは、定期的に開催することで採用につなげることがポイントです。そのため、常に参加者や自社にとって良いイベントとなるような企画を考えて運営していくことに労力が必要となります。

集客するのが大変

採用ミートアップを開催したのにもかかわらず、肝心の求職者が集まらなければ意味がありません。そのため、集客活動を実施する必要があります。

自分たちのホームページに採用ミートアップを開催する旨を報告しても、そもそもホームページを閲覧する求職者が少ないので、SNSやWeb広告などを活用してアピールする必要があります。しかし、ノウハウやスキルがない状態で集客しても費用だけがかかってしまうので、注意が必要です。

 

採用代行・採用イベントの成功事例はこちら

採用ミートアップ開催までの手順・方法

採用ミートアップ開催までの手順や方法は、以下の4ステップです。

1.ターゲットや目的などの設定
2.コンテンツの準備
3.実施
4.振り返り

一つずつ見ていきましょう。

ターゲットや目的などの設定

採用ミートアップを行う目的やテーマ、ターゲットをしっかりと設定して、社内で共有しておくことが必要です。

設定したターゲットをメインに集客を行うため、周知やSNSでの拡散などを行うことになりますので、このステップがブレないようにすることが重要です。

コンテンツの準備

最初に設定した内容をもとに、コンテンツを準備します。

資料やスケジュールを決めておき、複数人で準備することで目的と内容に相違がないかの確認、参加者にとって満足度の高いものが用意できるようにしましょう。特に、「イベントでしか聞けないこと」があると、参加者の満足度は高まります。

なお、企画を考える中でいろいろな内容が出てくると思いますが、ターゲットに合った企画によって「やる」「やらない」の決断が重要です。

実施

実際にイベント開催にあたっては、あくまでも目的が達成できるように進行していきます。

ただし、イベント中に参加者が盛り上がってくるとスケジュール通りに進行できないことも出てきます。その際には臨機応変に組み直しができるようにしておきましょう。場合によってはその場で行わないコンテンツが出てきても問題はありません。

振り返り

実施後には必ずアンケートをとりましょう。

最初から完成されたイベントを開催することは不可能であるため、アンケートや実施している時の気づきなどから改善していくことで、質の高いイベントを実施できるようになります。

 

採用代行・採用イベントの成功事例はこちら

採用ミートアップにおける3つの開催方法

採用ミートアップにおける開催方法として、以下の3つが挙げられます。

・交流会
・説明会
・勉強会

順番に解説します。

交流会

参加者同士が、食事やゲームなどによって交流するスタイルです。就職や転職の意欲に関係なく、普段の社員の様子や会社の雰囲気を知ってもらうこと、自社に興味を持ってもらうことが目的となるケースが多いようです。

説明会

説明会は、自社に興味を持っている、就職意思のある人たちが集まるイベントです。参加者が前向きな姿勢であるため、説明会から面接や選考につながりやすいことがメリットです。

以下の記事では、会社説明会などの運営部分を代行するメリットについて解説しています。
▶「採用説明会、代行するメリットとは?完全解説

勉強会

定期的に、自社のノウハウやスキルを伝えるものです。将来的に就職や転職を考える際にイメージされやすいだけでなく、成長意欲の高い人材や即戦力が採用しやすいメリットがあります。

 

採用代行・採用イベントの成功事例はこちら

採用ミートアップを成功させるためのコツ

採用ミートアップを成功させたいのであれば、以下の3つのコツを意識しましょう。

・準備を万全にする
・開催後のアフタフォローを欠かさず行う
・小さい規模から始めてみる

一つずつ解説します。

準備を万全にする

採用ミートアップの開催を成功させるためには、何よりも事前準備が重要です。

事前準備のなかでも特に大切なのが集客。なぜなら、採用ミートアップの開催内容がいくらクオリティが高くても、求職者が集まらなければ意味がないからです。そのため、採用ミートアップを成功させたいのであれば、準備を万全にしてから開催するようにしましょう。

開催後のアフターフォローを欠かさず行う

採用ミートアップは開催して終わりではありません。むしろ、開催した後が本番です。

採用ミートアップを開催したことで、求職者から興味を持ってもらえるはずなので、その後のステップとして人材を確保するためにも、カジュアル面談や会社説明会へ招待してみましょう。

もし、断られてしまったとしても、今後の採用ミートアップのクオリティをさらに高めるために、アンケートをお願いすることで、次回に活かすことができます。

小さい規模から始めてみる

採用ミートアップは、求職者一人ひとりに寄り添って自社の雰囲気や魅力を感じてもらうことが目的です。そのため、大規模で開催してしまうと、求職者一人ひとりに寄り添うことができず、採用ミートアップ本来の効果を発揮できない可能性があります。

そのため、まずは小さい規模から始めてみましょう。徐々に採用ミートアップの開催に慣れてきたら、規模を拡大していくのがおすすめです。

 

採用代行・採用イベントの成功事例はこちら

採用ミートアップを実施している事例

採用ミートアップを実施している事例を2社ほど紹介します。

株式会社メルカリ

メルカリは、2016年ごろから採用ミートアップを取り入れ、質の高いミートアップをおこなっていることで有名です。現在でも定期的に実施しており、半年や1年規模でファンづくりを行うことを目標としています。

なお、ミートアップのエントリー時に「希望職種」や「社員に聞きたいこと」などをヒアリングすることで、参加する社員やメンバーを集めることにより、参加者の満足度が高いイベントを開催することができています。

Sansan

名刺管理アプリなどで有名な企業です。定期的にミートアップを開催しており、他社との「合同ミートアップ」などを積極的に企画することで、採用につなげているようです。

採用だけでなく、自社のファンを増やすイベントとしてもミートアップを積極的に開催しています。

 

以下の記事では、コロナ禍のイベントに役立つツールをご紹介しています!
▶「【コロナ禍イベント】オンラインでコミュニケーションを取る最新ツール紹介

 

採用代行・採用イベントの成功事例はこちら

まとめ

本記事では、採用ミートアップ を開催するメリットやデメリット・成功させるためのコツなどについて解説しました。

採用ミートアップを開催することで、自社で働くイメージが鮮明になり、採用につながりやすくなります。そのため、最近の採用活動において、採用ミートアップは非常に重要な施策となってきてきているのです。

しかし、採用ミートアップは企画や運営にある程度のリソースが必要となり、集客するまでが大変なため、開催したくても不安だと感じる担当者も少なくありません。そんなときには、株式会社ニューズベースにお任せください。

株式会社ニューズベースでは、採用代行(RPO)サービスを提供しています。書類の作成や求職者からの問合せ対応など、採用業務におけるあらゆるノンコア業務に対応しているので、採用ミートアップの開催にリソースを充てることが可能です。また、採用ミートアップに関する知識やノウハウも兼ね備えておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

本記事を参考に、採用ミートアップの開催を検討してみましょう。

 

採用代行(RPO)サービスをご検討の際の見積項目例と算出根拠をご紹介します

\ 成功事例・トレンド・お悩み対策や便利なテンプレートなど、有用な情報を配信中! /

メルマガ登録はこちら

関連記事

2020.04.07

イベント/セミナー開催に掛かる費用...

イベント開催には多くの費用が発生します。運営者として、そのような費用を経費処理していくには、どのように仕分けをして、勘定科目に落と...

2023.07.18

展示会報告書を作成する目的とは?記...

本記事では、展示会報告書を作成する目的や記載する項目・作成する際に意識すべきポイントなどについて解説します。どのように展示会報告書...

2023.09.26

表彰式における介添えとは?マナーや...

本記事では、表彰式における介添えの基礎知識やマナー・成功するためのポイントなどについて解説します。「介添人に選ばれたけど、どうすれ...

2019.09.11

カンファレンス開催に向けて失敗しな...

「カンファレンスを開催したいが、どう始めるかわからない。」こう思われている担当者の方向けに、本記事では、カンファレンスの開催に向け...