貸しスペースの運営コストを削減!施設管理代行サービスとは?

公開日:2020.02.04  更新日:2022.09.30

「貸しスペースや施設の運営がきちんとできていない」

「運営にリソースが取られる」

という問題を抱えてはいませんか?

解決策としては、「施設管理代行サービス」があります。

この記事では、上記問題を解決できる施設管理代行についてサービスの内容や提供会社について紹介していきます。

 

ニューズベースの施設管理運用サービスをご紹介します

1.貸しスペースの運営にはコストがかかる

まず、貸しスペースを運営し続けるためには、相当のコストが必要となります。いわゆる「施設管理費」というものです。

細かく分析すると、清掃費や人件費、マネジメントやクリーニング代などさまざまな出費が伴います。

もちろん、休止状態となっている、空きスペースのマネタイズについても同様です。

稼働率が低い、つまり利用者が少なければ、施設管理費をペイしきれず収益化はできないでしょう。

むしろ、何らかのスペースを運営するために掛かった費用が、ペイ仕切れずに赤字として上がってくることも懸念しなければいけません。

下手に運営を始めてしまうと、「空きスペース」にしておいたほうがよかった、という結果へ着地することもあるというわけです。

一般的に「レンタルスペース事業は難易度が高い」と言われますが、まさしくそのとおりです。片手間でやって、マネタイズできるほどイージーな分野ではありません。

市場ニーズをしっかりと掴み、稼働率を確保できれば、マネタイズすることは可能でしょう。

しかし、マネタイズするには、ニーズキャッチや貸しスペース運営に掛かるコストが大きなハードルであると言えます。

 

施設管理運用の成功事例はこちら

2.施設管理代行サービスとは?

このように運営が難しい貸しスペースですが、そこで役に立つのが「施設管理代行サービス」です。

施設管理代行サービスは、貸しスペース運用のプロフェッショナルが、施設管理を一手に引き受けます。いわゆるアウトソーシングです。

このサービスは、コストや工数を削減できる優れものです。

2-1.施設管理代行のサービス内容

施設管理代行サービスの具体的なサービス内容は、以下に示すとおりです。

・施設利用者への対応

・予約状況の管理

・施設内の清掃、メンテナンス

・セキュリティの維持

・必要となる人材のピンポイント派遣

・利用者へのアフターサービス

・売り上げの管理

以上が、施設管理代行サービスのベーシックなサービス内容となっています。

つまり、アウトソーシングさえしてしまえば、ほぼ自動的に貸しスペースが稼働する、というわけです。

業者にもよりますが、施設利用者に対する接客も、一定水準を維持していると見て間違いはありません。仮にクレームなどが発生したとしても、当然、自社を関係者とすることなく対応してくれます。

また、施設管理代行サービス業者によっては、稼働率を上げるため、営業活動も実施してくれます。

さらには「どのような貸しスペースとしてレンタルに出すのが最適か」ということを考えてくれる場合も。

培ったノウハウから、経済合理的な戦略を組み立ててくれます。

2-2.施設管理代行を利用するメリット

施設管理代行を利用するメリットは、さまざまなものが挙げられます。

例えば、自社の社員でなくても実施できるような単純な作業を代行してもらえます。

つまり、自社の社員の労働力というリソースを、より合理的なかたちで運用できるというわけです。本来踏まなければいけなかった工数を削減して、より収益性の高いタスクへとコミットできます。

また、施設管理のプロフェッショナルから、知見やアドバイスが得られるというのも大きなメリット。

上述したとおり、マネタイズが難しい貸しスペース運営について、自社では取得できないノウハウを共有してもらえるでしょう。

ほぼ放置しているだけでも、損益分岐点をクリアするだけの稼働率が確保できていれば、自動的に貸しスペース事業が黒字化します。

このように、施設管理代行サービスには、自力で貸しスペースを運用することと比較して、たいへん多彩かつ大きなメリットがあるというわけです。

 

施設管理運用の成功事例はこちら

3.施設管理ならニューズベースがおすすめ!

具体的な施設管理代行サービスなら、「ニューズベース」がおすすめです。

ニューズベースであれば、上述した、基本的な施設管理における各種サービスを、高いレベルで提供してくれます。

もちろん、貸しスペースを回すための営業活動や、適切なマネタイズ戦略についても助力が得られます。

本来であれば、派遣人材などを確保し、マネジメントコストも投入しなければいけません。しかし、アウトソーシングであれば、その費用も必要ではない、というわけです。

料金体系としては、目安ですが、20日稼働x8時間で500,000円程度です。

 

施設管理運用の成功事例はこちら

4.まとめ

施設管理代行サービスは、あらゆるスペースを運営するプロフェッショナル的存在です。施設管理代行サービスならば、自社で貸しスペースを運営するよりも効率的。リソースの確保、工数削減などによる業務効率化が期待できます。

上手くいけば、ほぼ自動的に貸しスペース事業を回せるでしょう。

中でもニューズベースのサービスは、おしなべて高水準。安心して貸しスペースの運営を任せられるでしょう。

ぜひ利用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

お役立ち資料一覧 アウトソーシング依頼準備シート はこちら

\ 成功事例・トレンド・お悩み対策や便利なテンプレートなど、有用な情報を配信中! /

メルマガ登録はこちら

関連記事

2022.02.10

アウトソーシングとは?導入した企業...

企業の悩みである人材不足への解決策として、アウトソーシングが注目されていますが、効果を確実に得ていくためには、業務委託による課題解...

2020.02.04

企業が抱える会議室についての課題と...

「会議室が足りない」「会議室が空き室になっている」多くの企業が会議室の管理に課題を抱えています。会議室の利用機会は多いため、効率的...

2023.06.29

おすすめのRPAツールは?RPA導...

rpaの導入を検討されている方に向けて、rpa導入メリットやツールの選び方、おすすめのrpaツールについて紹介します。適切なツール...

2023.03.23

業務効率化によるメリット・デメリッ...

業務効率化とは、業務における「ムリ・ムダ・ムラ」をなくして業務プロセス全体を改善することですが、どのように行えばいいのか分からない...