セミナー向けのランディングページ(LP)を制作するメリット・注意点とは?ポイントも紹介!

公開日:2024.05.21

セミナーを開催するにあたって、効果的に集客を進めたいのであれば、ランディングページ(LP)が必須です。

しかし、ランディングページ(LP)を制作することで具体的にどのような効果に期待ができるのか、あまり把握していないという担当者も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、セミナー向けのランディングページ(LP)を制作するメリットや注意点・制作する上でのポイントについて解説します。

 

セミナーの集客についてお困りの方はご相談ください
\ ニューズベースの イベント・セミナーマーケティングについて、詳しくはこちら/

イベントマーケティングサービスの紹介資料はこちら

 

>>お問い合わせはこちら

セミナー向けのランディングページ(LP)とは?必要な理由

そもそもランディングページ(LP)とは、広義の場合と狭義の場合で意味が異なります。

それぞれの意味は、以下の通りです。

  • 広義の場合:ホームページのなかでユーザーが最初にアクセスしたページのこと
  • 狭義の場合:成約率を伸ばすことに特化した縦長のページのこと

セミナー向けのランディングページ(LP)の場合、狭義の意味となります。

 

セミナーを開催するにあたって、ランディングページ(LP)が必要な理由は、セミナーへの参加をWebから誘導する上で必要不可欠だからです。

セミナーを開催する場合、集客の方法として多いのがWeb広告の活用です。

しかし、Web広告の役割は、あくまでもユーザーの興味関心を惹かせて、Webサイトに誘導するところまでです。

ユーザーの興味関心を惹いて最終的にセミナーに参加してもらうためには、訪問先のWebサイトでセミナーの概要や魅力を伝える必要があります

 

そこで必要となるのがランディングページ(LP)です。

ランディングページ(LP)は、ユーザーに知ってもらいたい情報を順序よく伝えられるような設計となっており、コンバージョンに特化したページです。

ランディングページ(LP)を制作して広告のリンク先とすることで、集客の効率を高めることができます。

 

セミナーカンファレンス運営代行の見積項目例はこちら

セミナー向けのランディングページ(LP)を制作するメリット

セミナー向けのランディングページ(LP)を制作するメリットは、以下の4つです。

  • 通常のページよりも離脱されにくい
  • 情報を集約できる
  • インパクトのあるページを作成できる
  • 知ってもらいたい情報を順序よく伝えられる

順番に解説します。

 

通常のページよりも離脱されにくい

セミナーの情報を見るためにWebページに訪問したとき、関係のない情報が数多く設置されていると、ユーザーはすぐに別のページへと移動してしまい、離脱の原因となります。

しかし、ランディングページ(LP)は通常のページとは違って、そのセミナーに関する情報だけを扱っており、離脱の要因となるような他ページへのリンクを最小限に抑えられます

その結果、通常のページよりも離脱されにくくなり、コンバージョンへとつながりやすくなるのです。

 

情報を集約できる

ランディングページ(LP)は、通常のページとは違って情報を集約することが可能です。

この1ページだけ読めばセミナーに関する全ての情報をチェックできる状態が作れるため、ユーザーが別のページに移動するといった手間や負担が少なくなります

その結果、セミナー予約など自分たちが求めるアクションへと誘導しやすくなります。

 

インパクトのあるページを作成できる

ランディングページ(LP)は、デザインの自由度が高いため、インパクトのあるページを作成できます。

注目を集めることができれば、訴求力が高まり、ユーザーの興味関心を惹かせることで参加者の獲得に期待ができます

 

知ってもらいたい情報を順序よく伝えられる

ランディングページ(LP)は縦長のページとなっており、上から順番にスクロールしてもらえるため、知ってもらいたい情報を順序よく伝えられます。

ストーリー形式のように情報を順序よく伝えることで、ユーザーはセミナー内容に対して納得感を得やすくなります

そのため、通常のページ以上の集客効果に期待できます。

 

ニューズベースのセミナープロデュースをご紹介します

セミナー向けのランディングページ(LP)を活用する際の注意点

セミナー向けのランディングページ(LP)を制作して集客に活用する場合、メリットだけでなく注意点もあります。

主な注意点は、以下の2つです。

  • Web広告との組み合わせが必須
  • 専門的な知識やスキルが必要となる

一つずつ解説します。

 

Web広告との組み合わせが必須

ランディングページ(LP)を使って効果的に集客を進めるためには、Web広告との組み合わせが必須です。

Web広告を展開する際は、ターゲットの選定や適切な媒体の選定、さらに広告素材の作成などさまざまな準備が必要で、専門的な知識が必要です。

自社で実施するか、ノウハウを持った外部に依頼するなどして、実施しましょう。

 

専門的な知識やスキルが必要となる

ランディングページ(LP)を作成するためには、ターゲットの設定やワイヤーフレームの作成はもちろん、コーディングやデザインも行わなければいけません。

こちらも専門的な知識やスキルが必要となるため、自分たちで作成するのが困難だと感じたら、制作会社に依頼するとよいでしょう。

また当然ですが、依頼するにあたって費用がかかります。事前にランディングページ(LP)制作の予算を確保しておきましょう。

 

お役立ち資料は 企画検討チェックシート はこちら

セミナー向けのランディングページ(LP)を制作する上でのポイント

セミナー向けのランディングページ(LP)を制作する上で、以下4つのポイントを意識しましょう。

  • 強みとなる部分をアピールする
  • セミナーの概要部分は読みやすさを意識する
  • 講師の顔写真や参加者の声などを掲載する
  • 外注を検討する

順番に解説します。

 

強みとなる部分をアピールする

1人でも多くの参加者を集客したいのであれば、競合他社との差別化を図ることが大切です。

差別化を図るためにも、業界で知名度のある人物を講師として招待したり、セミナー限定の資料を配布したりするなど、強みとなる部分をアピールしましょう。

 

セミナーの概要部分は読みやすさを意識する

ランディングページ(LP)を作る際、インパクトのあるデザインにしようとしすぎると逆に見づらくなる可能性があります。

特にユーザーに読んでもらいたいセミナーの概要部分は、読みやすさを意識してシンプルなデザインにしましょう

 

講師の顔写真や受講者の声などを掲載する

セミナー情報をランディングページ(LP)に掲載する際に、取り入れておきたい要素に「講師の顔写真」や「受講者の声」などがあります。

これらの要素はユーザーに安心感を与え、セミナー参加の意欲を高めるものとなります。

このように、ユーザーの不安を払しょくできるようなコンテンツを盛り込みましょう

 

外注を検討する

ランディングページ(LP)を作成する上で専門的な知識やスキルが必要となるため、自社で作成するのは困難と感じる企業も多いはずです。

たとえ作成できたとしても、効果に期待ができないランディングページ(LP)である可能性が高いため、外注を検討してみるのがおすすめです。

外注を検討する際には、費用や実績などを考慮した上で慎重に決めましょう。

 

セミナー運営の事例ページはこちら

まとめ

本記事では、セミナー向けのランディングページ(LP)を制作するメリットや注意点・制作する上でのポイントについて解説しました。

セミナー向けのランディングページ(LP)を制作することで、情報を集約できたりインパクトのあるページを作成できたりするなどのメリットに期待ができます。

しかし、Web広告との組み合わせが必須だったり、制作する上で専門的な知識やスキルが必要となったりするなどの点に注意が必要です。

セミナー向けのランディングページ(LP)を制作する際には、強みとなる部分をアピールしたり、講師の顔写真や参加者の声などを掲載したりすることを意識しましょう。

 

株式会社ニューズベースでは、セミナープロデュースを提供しており、セミナーやウェビナーに関するさまざまな業務のサポートを行っています。

豊富な支援実績もあり、業務におけるプロが担当するため、セミナーやウェビナーの開催経験が乏しくても安心です。

まずはお気軽にお問い合わせください。

セミナーの集客についてお困りの方はご相談ください
\ ニューズベースの イベント・セミナーマーケティングについて、詳しくはこちら/

イベントマーケティングサービスの紹介資料はこちら

 

>>お問い合わせはこちら

\ 成功事例・トレンド・お悩み対策や便利なテンプレートなど、有用な情報を配信中! /

メルマガ登録はこちら

関連記事

2020.03.11

懇親会後にアンケートは必要? 項目...

セミナー後に開かれる懇親会に、アンケートは必要なのでしょうか? 講師と参加者の交流の時である懇親会は、セミナーの効果を高めるために...

2020.06.09

セミナーにおけるKPIとKGIの重...

セミナーを分析・改善して、セミナーの効果を最大化させる方法をお伝えします。セミナーの成果を数値化してKPIを分析することで、コスト...

2020.03.31

セミナーの来場受付が楽になる!有料...

セミナーの来場受付を楽にする受付システムを有料・無料それぞれに分けて紹介します。受付システムによってQRコードを発行すれば、参加者...

2023.01.12

Zoomウェビナーのアンケート機能...

Zoomウェビナーは、ウェビナーの開催に特化したツールであり、そのなかでもアンケート機能が非常に便利です。そこで本記事では、Zoo...