アンケートメールを作成する6つの手順!例文や回答率を上げるポイントについても紹介!

公開日:2023.02.09

ウェビナーやカンファレンスなどのイベントを開催した後や、商品を購入してもらった後などに、ユーザーの率直な感想を調査する目的でアンケートメールを作成する場合があります。しかし、どうやってアンケートメールを作成すればいいのか分からないという担当者も多いはずです。

そこで本記事では、アンケートメールを作成する手順実際に使える例文・回答率を上げるポイントなどについて解説します。

 

ニューズベースのセミナープロデュースをご紹介します

アンケートメールを作成する6つの手順

アンケートメールは以下の6つの手順で作成します。

1.アンケートに協力してもらう目的を記載する
2.アンケートにかかる時間を記載する
3.回答期限を記載する
4.回答URLを添付する
5.個人情報の取り扱いについて記載する
6.お問い合わせ先を記載する

一つずつ解説します。

アンケートに協力してもらう目的を記載する

どういう意図があるのか分からないようなアンケートメールをユーザーが受け取った場合、不審に思われてしまい、回答してもらえない可能性が非常に高くなります。

誤解を与えないようにするためにも、アンケートに協力してもらう目的をしっかりと記載しましょう。

アンケートにかかる時間を記載する

アンケートになるべく時間をかけたくないという人がほとんどです。そのため、アンケートへの回答に時間がかかると判断されてしまった場合、途中で回答するのを辞めてしまう人も少なくありません。

そのような事態を防ぐためにも、回答するのにどれくらいの時間がかかるのかを記載しておきましょう。

回答期限を記載する

回答期限がないと重要度が低い内容と判断されてしまい、回答率の低下につながります。

そのため、アンケートには必ず回答期限を記載しましょう。回答期限を長く設定する場合には、リマインドメールを送るのがおすすめです。

回答URLを添付する

アンケートメールを送っても、回答URLが添付されていなければ意味がありません。そのため、アンケートメールを送る前に回答URLが添付されているかを必ず確認しましょう。

回答URLを添付しても位置が悪いと回答率が下がってしまうので、なるべく目立つ場所にわかりやすく添付することが重要です。

個人情報の取り扱いについて記載する

アンケートの内容によっては、個人情報を記載してもらう必要があります。しかし、個人情報の記載に抵抗があるという人も少なくありません。

回答者に余計な不安を与えないようにするためにも、どのような目的で個人情報を記載してもらうのか、取り扱いについて必ず明記しましょう。

お問い合わせ先を記載する

アンケートの送り先が分からないと、不信感を与えてしまいます。そのため、電話番号や住所・メールアドレスなど、お問い合わせ先も必ず記載しましょう。

 

セミナー運営の事例ページはこちら

アンケートメールの例文

実際に使えるアンケートメールのテンプレートを2つ紹介します。

個人に送る場合

件名

〇〇に関するアンケート

 

本文

〇〇 〇〇 様

平素より大変お世話になっております。

〇〇株式会社の〇〇と申します。

日頃から弊社の商品を購入して頂き、誠に有り難う御座います。

弊社では、お客様が購入された商品についてどのような感想を抱いているのか調査するためにアンケートを実施しております。

記載していただいたアンケートの内容は、今後の商品を開発していく上での参考にさせていただければと思っておりますので、ぜひご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

アンケートは、下記のURLからご回答いただけますと幸いです。

https.〇〇〇〇〇

※所要時間は〇分となります。

質問などございましたら、下記のアドレスまでご連絡ください。
■〇〇〇@〇〇〇.co.jp

 

大変恐縮ではありますが、アンケートは〇月〇日までにお答えいただきますよう、お願い致します。アンケート結果が分かり次第、メールにてご連絡いたします。

お手数おかけいたしますが、 何卒よろしくお願い申し上げます。

署名:

複数人に送る場合

件名

〇月〇日に開催した〇〇〇についてのアンケートのお願い

 

本文

本日は、〇〇〇にご参加いただきありがとうございました。

皆さまからのご意見をいただき、よりよいセミナーにしていくためのアンケートを実施しております。ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

 

アンケートは、下記のURLからご回答いただけますと幸いです。

https.〇〇〇〇〇

※所要時間は〇分となります。

質問などございましたら、下記のアドレスまでご連絡ください。
■ 〇〇〇@〇〇〇.co.jp

 

〇月〇日までにアンケートにお答え頂いた方々には、抽選で3名様に商品券1万円分をプレゼント致します。アンケートの結果は、別途メールにてお知らせさせていただきます。

お手数おかけいたしますが、 何卒よろしくお願い申し上げます。

署名:

 

セミナー運営の事例ページはこちら

アンケートメールの回答率を上げる5つのポイント

アンケートメールの回答率を上げるポイントとして、以下の5つを意識しましょう。

・分かりやすい件名にする
・回答URLは文章の最初に添付しておく
・余計なURLは添付しない
・アンケートメールの送る時間を考える
・アンケートに回答した人へのプレゼントを用意する

一つずつ解説します。

分かりやすい件名にする

アンケートメールを送る上で、件名が非常に重要です。

なぜなら、件名のタイトルが長く、一目見て分からないような件名の場合には迷惑メールと勘違いされてしまい、開封すらされない可能性があるからです。そのため、なるべくシンプルで分かりやすい件名にしましょう。

回答URLは目立つ場所に添付しておく

アンケートメールを開封してもらっても、回答URLを見つかりにくい場所に添付してしまうと、途中で離脱される可能性が高くなります。そのため、読者が分かりやすい場所に回答URLを添付しておきましょう。

余計なURLは添付しない

回答URL以外のリンクを添付してしまうと、ユーザーを混乱させてしまう恐れがあります。そのため、余計なURLは添付しないように注意しましょう。

アンケートメールの送る時間を考える

アンケートメールを送る時間帯によっても、回答率は大きく変わります。ウェビナーやカンファレンスなどを開催した場合には、終了した直後に送るのが効果的です。

ユーザー属性によってもアンケートメールを送る有効な時間帯が異なってくるので、試行錯誤を繰り返しながら、効果的な時間帯を見つけましょう。

アンケートに回答した人へのプレゼントを用意する

アンケートに回答してもらうためには、何かしらのメリットを与えることが大切です。そのため、多くの企業ではアンケートに回答した人へプレゼントを用意しています。商品券やギフトカードなど、誰でも使えるようなプレゼントにするのがおすすめです。

 

セミナー運営の事例ページはこちら

まとめ

本記事では、アンケートメールを作成する手順や実際に使える例文・回答率を上げるポイントなどについて解説しました。

アンケートメールは、ユーザーの本音を調査するという非常に重要な役割があります。そのため、本記事を参考に回答率の高いアンケートメールを作成しましょう。

株式会社ニューズベースでは、セミナーやカンファレンス・シンポジウムなどのプロデュースを行っています。アンケートメールの作成はもちろん、会場の設営や機材の準備・当日の運営など、豊富な実績を兼ね備えたプロの担当者がトータルでサポートしています。

「リソースが不足している」「経験が乏しくて開催できるか不安」と感じる担当者様は、お気軽にご相談ください。

 

セミナーカンファレンス運営代行の見積項目例はこちら

\ 成功事例・トレンド・お悩み対策や便利なテンプレートなど、有用な情報を配信中! /

メルマガ登録はこちら

関連記事

2020.04.14

これで完璧!セミナーアンケートを簡...

効果的なセミナーアンケートを実施することで、受講者のリアルな意見を収集できるため、 その結果に基づいて、セミナーの満足度を高める...

2024.05.08

集客につながるセミナータイトルとは...

セミナーを成功させるためには、「セミナータイトル」が何よりも重要です。そこで本記事では、セミナータイトルが重要な理由や作成の流れ・...

2020.05.12

ウェビナーやセミナーで集客させるた...

セミナーを実施するにあたって、集客は大きな課題です。集客にはノウハウ・人員・時間など、様々なコストがかかります。セミナー集客代行サ...

2020.05.08

セミナー開催に役立つ!ノウハウまと...

セミナー開催にはセミナー準備、当日の運営方法、開催後のアフターフォローなど、それぞれのステップでどのような点に注意すればいいのか抑...