【人材育成ツール】導入するメリットやデメリット・選び方について解説!

公開日:2024.03.19

深刻な人手不足の対策として、人材育成を効率化させたいと考える担当者も多いのではないでしょうか。

人材育成を効率化させたいのであれば、「人材育成ツール」の導入がおすすめです。

本記事では、人材育成ツールの基礎知識や導入するメリット・デメリット・選び方について解説します。

 

\ ニューズベースの 研修アウトソーシングで人材育成を加速 /

研修運営アウトソーシングサービスをご紹介します

 

>>お問い合わせはこちら

人材育成ツールとは?

人材育成ツールとは、従業員一人ひとりの知識の習得やスキルの獲得を支援し、人材育成を実現するツールのことです。

人材育成ツールを活用することで、人材育成に関する業務を効率化したり、人材育成の効果をより高められるなどのメリットに期待ができます。

 

人材育成ツールが注目されてきている理由

人材育成ツールが注目されている理由として挙げられるのが、以下の2つです。

  • 少子高齢化による労働人口の減少
  • 終身雇用制度の崩壊

昨今の日本では、少子高齢化が深刻な問題となってきており、中小企業をはじめとする多くの企業が人手不足に陥っています。

そのため、人材育成のためのリソースが割けないという企業も少なくありません。

また、終身雇用制度が崩壊しつつあることで、転職するのが当たり前の時代となってきています。

その結果、「もっと成長して自身の市場価値を高めたい」という理由から転職を検討するという人も増えてきており、人材が定着しないことに頭を抱えている経営者も多いはずです。

人材育成ツールを導入することで、これらの問題を解決できる可能性があるため、多くの企業が人材育成ツールに注目しているのです。

 

お役立ち資料 研修担当者のためのTODOリスト はこちら

人材育成ツールの種類

人材育成ツールの種類として、以下の3種類があります。

  • 目標管理ツール
  • スキル管理ツール
  • タレントマネジメントツール

順番に解説します。

 

目標管理ツール

目標管理ツールとは、企業や部署が設定している目標に対してどれくらいの進捗状況なのかを管理できるツールのことです。

目標管理ツールを導入することで、達成すべき目標が明確化されるので、従業員一人ひとりのモチベーション向上に期待ができます

 

スキル管理ツール

スキル管理ツールとは、従業員一人ひとりが持っているスキルを管理できるツールのことです。

業務で活用できるスキルはもちろん、趣味や特技に使えるスキルの管理も行えます。

スキル管理ツールを導入することで、人材配置を最適化できるようになり、従業員一人ひとりの能力を最大化させることが可能です

 

タレントマネジメントツール

タレントマネジメントツールとは、従業員一人ひとりのあらゆる情報を一元管理できるツールのことです。

タレントマネジメントツールを導入することで、人材における現状把握がスムーズとなり、人材育成の効率化に期待ができます。

また、スキル管理ツール同様に人材配置を最適化できるようになり、エンゲージメントの向上につながります

 

【2022年度調査】人材定着・育成の課題に取り組む企業の対策はこちら

人材育成ツールを導入するメリット

人材育成ツールを導入するメリットは、以下の3つです。

  • 業務の効率化につながる
  • 定着率の向上に期待ができる
  • 従業員同士のコミュニケーションが活発化する

一つずつ解説します。

 

業務の効率化につながる

人材育成ツールを導入することで、目標に対する進捗状況や従業員一人ひとりの情報を管理することが容易になります。

その結果、人材育成に関する業務が効率化されるようになり、業務時間の短縮につながります。

 

定着率の向上に期待ができる

人材育成ツールは、従業員のスキルアップを支援するツールです。

そのため、人材育成ツールを導入することでスキルアップが可能となります。

従業員の中には、自身のスキルアップを図るために、転職を検討しているという人もいるはずです。

このような人に対して、自社内でスキルアップができる環境を提供できれば、転職をせず自社に定着してもらえる可能性が高まります

また、達成すべき目標が明確化されたり人材配置の最適化が行われるようになったりするので、従業員一人ひとりのエンゲージメントも高められます

 

従業員同士のコミュニケーションが活発化する

チャットやコメントなどのコミュニケーション機能が搭載されている人材育成ツールも珍しくありません。

コミュニケーション機能を活用することで、従業員同士のコミュニケーションが活発化し、これまで以上に良好な人間関係の構築につながります。

 

お役立ち資料 研修運営アウトソーシングのための依頼準備シート はこちら

人材育成ツールを導入するデメリット

人材育成ツールの導入は、メリットだけでなくデメリットもあります。

主なデメリットは、以下の2つです。

  • ランニングコストがかかる
  • 操作に慣れるまでが大変

順番に解説します。

 

ランニングコストがかかる

人材育成ツールは、導入するにあたってランニングコストがかかります

必要なコストは人材育成ツールによってさまざまです。導入実績や搭載されている機能などを確認した上で、自社に最適な人材育成ツールを選びましょう。

 

操作に慣れるまでが大変

人材育成ツールを導入したとしても、最初は操作に慣れるまで時間がかかります。

あまりにも操作するのが難しいと社内に浸透しない可能性があるため、注意しましょう。

無料トライアル期間を設けている人材育成ツールもあるため、期間内で操作しやすいかどうかを判断するのがおすすめです。

 

人材育ツールの選び方

人材育成ツールを選ぶ際には、以下3つのポイントを意識しましょう。

  • 必要な機能が搭載されているか
  • サポートは充実しているか
  • 導入実績は豊富か

一つずつ解説します。

 

必要な機能が搭載されているか

人材育成ツールは以下の3種類にわかれており、それぞれに搭載されている機能が異なります。

  • 目標管理ツール
  • スキル管理ツール
  • タレントマネジメントツール

そのため、人材育成ツールを選ぶ際には、自社の目的を達成するために必要な機能が搭載されているかどうかを必ず確認しましょう

 

サポートは充実しているか

人材育成ツールを活用している最中に操作方法でわからないことがあったり、問題が発生したりすることもあるはずです。

サポートが充実している人材育成ツールであれば、問い合わせることですぐに解決できます。

そのため、サポートの充実度も人材育成ツールを選ぶ上での判断材料としましょう

 

導入実績は豊富か

導入実績が豊富なツールは、操作しやすかったりサポートが充実していたりと、選ばれる理由があります。

また、実績が多ければ、自社の業種や規模に近い企業に提供されている可能性も高まります。導入の際に、そういった企業での使い方を参考にすることができれば、より効率的にツールを活用できます。

そのため、人材育成ツールの導入を検討しているのであれば、導入実績が豊富な人材育成ツールを選びましょう

 

お役立ち資料 研修運営アウトソーシングパッケージサービスご紹介資料 はこちら

まとめ

本記事では、人材育成ツールの基礎知識や導入するメリット・デメリット・選び方について解説しました。

人材育成ツールを導入することで、業務の効率化につながったり定着率が向上したりするなどのメリットに期待ができます。ただし、ランニングコストがかかったり操作に慣れるまでが大変だったりするので、注意が必要です。

人材育成ツールを選ぶ際には、機能やサポート内容・導入実績を確認した上で自社に最適な人材育成ツールを導入するようにしましょう。

 

人材育成に注力する場合には、ツールの導入だけでなく研修も定期的に開催するのがおすすめです。

しかし、開催経験が乏しかったりリソースが不足していたりすることによって、研修を開催するのが難しいという企業も多いのではないでしょうか。

そのような場合には、研修運営アウトソーシングを活用してみましょう。

株式会社ニューズベースでは、研修運営アウトソーシングを提供しており、研修に関するさまざまな業務のサポートを行っています。

豊富な支援実績もあるため、自社での開催経験が少ない場合でも安心です。まずはお気軽にお問い合わせください。

\ ニューズベースの 研修アウトソーシングで人材育成を加速 /

研修運営アウトソーシングサービスをご紹介します

 

>>お問い合わせはこちら

 

【2分でわかる!】株式会社ニューズベースの研修運営アウトソーシング

\ 成功事例・トレンド・お悩み対策や便利なテンプレートなど、有用な情報を配信中! /

メルマガ登録はこちら

関連記事

2024.02.13

スキルアップ研修を開催するメリット...

本記事では、スキルアップ研修を開催するメリットや実施方法・成功させるためのポイントについて解説します。これからスキルアップ研修の開...

2023.02.21

ポータブルスキルが注目されている理...

ポータブルスキルという言葉を聞いたことがあっても、どのような意味なのか理解していない人も多いはずです。そこで本記事では、ポータブス...

2023.08.31

研修を開催する上でどれくらいの費用...

本記事では、研修を開催する上での費用相場や費用がかかる項目・研修費用を安く抑えるためのポイントなどについて解説します。研修を開催す...

2022.04.28

OA研修(Word/Excel等)...

OAとはオフィスオートメーションの略で、パソコンなどを使って事務作業を行うことです。即戦力となる人材の確保するためにOA研修を開催...