【プレゼンテーション研修】実施するメリットや成功させるために意識すべきポイントなどについて解説!

公開日:2024.01.30

プレゼンテーションとは、資料を用いながら聴衆に対して情報や企画を伝える行為のことであり、職種や業種によっては、何度か行う機会があります。

プレゼンテーションがうまくいくかによって、商談や契約が成立するかどうかも変わってくるため、プレゼンテーション研修を検討している担当者も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、プレゼンテーションスキルが必要な理由やプレゼンテーション研修を実施するメリット・成功させるために意識すべきポイントなどについて解説します。

 

研修運営アウトソーシングサービスをご紹介します

プレゼンテーションスキルが必要な2つの理由

プレゼンテーション研修を実施するにあたって、「なぜプレゼンテーションスキルが必要なのだろう」と疑問に感じる人もいるはずです。

プレゼンテーションスキルが必要な理由として、以下の2つが挙げられます。

  • 相手と交渉する上で不可欠なスキルであるため
  • 自社の商品やサービスの魅力をしっかり伝えるため

順番に解説します。

 

相手と交渉する上で不可欠なスキルであるため

自社の商品やサービスを相手から購入・契約してもらうためには、交渉する必要があります。

特にBtoB向けの商品やサービスであれば、購入もしくは契約してもらうにあたって、他社と比較検討される可能性が非常に高いので、決裁者に対してプレゼンテーションを行う機会も少なくありません。

これらのことから、プレゼンテーションスキルは相手と交渉する上で不可欠なスキルのため、プレゼンテーション研修でスキルを習得する必要があるのです。

 

自社の商品やサービスの魅力をしっかり伝えるため

たとえ競合他社よりクオリティの高い商品やサービスを開発できたとしても、プレゼンテーションにおいて相手に魅力を伝えられなければ、購入もしくは契約してもらうのは非常に難しいといえます。

逆に競合他社よりも秀でてる部分がなかったとしても、プレゼンテーションで商品やサービスにおける魅力をしっかりと伝えられれば、購入もしくは契約してもらう可能性は高くなります。

自社の商品やサービスの魅力をしっかり伝えるためにも、プレゼンテーションスキルの習得は必須といえるでしょう。

 

お役立ち資料 研修担当者のためのTODOリスト はこちら

プレゼンテーションを成功させるために求められる要素

プレゼンテーションを成功させるために求められる要素は、以下の3つです。

  • トークスキル
  • 論理的思考能力
  • 柔軟な対応力

一つずつ解説します。

 

トークスキル

1つ目は、トークスキルです。

プレゼンテーションの内容がどれだけよくても、途中で何度も言い直しをしてしまったり理解するのが難しい専門用語を多用してしまったりすると、相手に伝わりません。

逆にプレゼンする内容が一般的だったとしても、抑揚をつけて話したり結論から伝えたりすることで、相手はわかりやすいと感じるようになり、成果に結びつく可能性が高くなります。

これらのことから、プレゼンテーションを行う上でトークスキルは必須のスキルといえるでしょう。

 

論理的思考能力

2つ目は、論理的思考能力です。

プレゼンテーションは交渉の場であり、相手を説得するためには、論理的に物事を説明する必要があります。

「なぜ自社の商品(サービス)が他社よりも優れているのか」「自社の商品(サービス)の購入によって、どのような効果が期待できるのか」を論理的に説明することで、相手に対して納得感を与えられるようになり、成果に結びつくはずです。

 

柔軟な対応力

3つ目は、柔軟な対応力です。

プレゼンテーションを行う上で、相手の反応がイマイチな場合には、その場で内容や話し方を柔軟に変えていく必要があります。

また、途中で相手から質問されることもあるので、想定していなかったとしても臨機応変に対応できる柔軟な対応力が求められます。

 

お役立ち資料 研修担当者のためのTODOリスト はこちら

プレゼンテーション研修を実施するメリット

プレゼンテーション研修を実施するメリットとして、以下の3つが挙げられます。

  • プレゼンテーションスキルを習得できる
  • 人材の確保につながる
  • 新規クライアントの増加に期待ができる

順番に解説します。

 

プレゼンテーションスキルを習得できる

プレゼンテーション研修を実施することで、プレゼンテーションに関する基礎知識やスライド資料の作り方・人前に立って話す際のポイントなど、さまざまなことが学べます。

プレゼンテーション研修によって、プレゼンテーションスキルを習得できるため、成果につながるプレゼンテーションを実施することが可能です。

 

人材の確保につながる

会社説明会において、担当者が求職者に対して自社の概要や特徴などについて説明しますが、これも一種のプレゼンテーションといえます。

プレゼンテーション研修を実施することで、これまで以上に自社の魅力を求職者に伝えられるようになるため、人材の確保につながります。

プレゼンテーション研修によって、人材不足を解消することも可能です。

 

新規クライアントの増加に期待ができる

どんなにいい商品やサービスを開発したとしても、プレゼンテーションで相手に魅力をしっかりと伝えられなければ、購入や契約までには至らず、世の中に広まることもありません。

プレゼンテーション研修では、プレゼンテーションがうまくなるテクニックやコツについて学べるため、実施することで新規クライアントの増加につながり、これまで以上の売り上げに期待ができます。

 

お役立ち資料 研修運営アウトソーシングパッケージサービスご紹介資料 はこちら

プレゼンテーション研修を成功させるために意識すべきポイント

プレゼンテーション研修を成功させたいのであれば、以下3つのポイントを意識しましょう。

  • 実践形式で行う
  • 受講者のレベルに合わせた内容にする
  • 外注を検討する

一つずつ解説します。

 

実践形式で行う

プレゼンテーションを成功させるためには、知識だけでなくトークスキルや柔軟な対応力が求められます。

そのため、プレゼンテーション研修では座学よりもロールプレイングといった、実践形式をメインで行うようにしましょう。

 

受講者のレベルに合わせた内容にする

プレゼンテーション研修の対象者は、新入社員〜ベテラン社員まで非常に幅広く、受講者によってもレベルに大きな差があるはずです。

そのため、受講者ごとのレベルに合わせたプレゼンテーション研修の実施を心がけましょう。

また、受講者のレベル間を均一化させるためにも、役職や階級ごとに分けて実施するのがおすすめです。

 

外注を検討する

プレゼンテーション研修を実施するにあたって、講師の選定やプログラムの作成・会場準備など、やるべきことが豊富にあります。

そのため、自社のリソースだけでは実施するのが難しいという企業も多いはずです。

そのような場合には、外注を検討するのがおすすめです。

外注先を決める際には、これまでの実績や依頼できる業務範囲・費用などをしっかりと比較検討しましょう。

 

研修運営アウトソーシングの成功事例はこちら

まとめ

本記事では、プレゼンテーションスキルが必要な理由やプレゼンテーション研修を実施するメリット・成功させるために意識すべきポイントなどについて解説しました。

プレゼンテーション研修を実施することで、プレゼンテーションスキルを習得できたり、人材の確保につながったりするといったメリットに期待ができます。

プレゼンテーション研修を成功させたいのであれば、実践形式で行ったり受講者のレベルに合わせた内容にしたりすることを意識しましょう。

 

「プレゼンテーション研修を実施するにあたって、人手不足や経験不足で開催できるか不安」ということであれば、研修の運営を株式会社ニューズベースにお任せください。

株式会社ニューズベースでは、研修運営アウトソーシングを提供しており、研修に関するさまざまな業務のサポートを行っています。

豊富な支援実績もあり、研修におけるプロがサポートしますので、安心して開催することが可能です。

まずはお気軽にお問い合わせください。

 

研修運営アウトソーシングサービスの紹介資料はこちら

 

【2分でわかる!】株式会社ニューズベースの研修運営アウトソーシング

\ 成功事例・トレンド・お悩み対策や便利なテンプレートなど、有用な情報を配信中! /

メルマガ登録はこちら

関連記事

2023.07.04

人材育成ロードマップとは?作成する...

本記事では、人材育成ロードマップの基礎知識や人材育成の手法・人材育成ロードマップを作成する具体的なステップなどについて解説します。...

2023.12.20

スキルマップを導入するメリットやデ...

スキルマップとは、従業員一人ひとりのスキルを表で可視化したものですが、具体的にどのような効果が期待できるのか、気になる担当者もいる...

2023.11.21

【人事考課】メリットやデメリット・...

人事考課とは、企業が定めた評価基準によって従業員の能力やスキルを査定するための制度のことです。そこで本記事では、人事考課のメリット...

2023.05.09

人材育成における4つの課題とは?解...

せっかく新たな人材を雇用したのにもかかわらず早期離職となってしまい、人材育成に課題を感じている担当者も少なくありません。 ちなみに...