【研修報告書】書き方やコツ・実際に使えるテンプレート/例文についても紹介!

公開日:2022.04.19  更新日:2024.05.16

研修報告書とは、受講者が研修を受けた際や、主催者が研修を実施した際に、研修の成果などについて企業に報告する書類のことです。

研修後にはこの「研修報告書」の提出を求める企業は決して少なくありません。

ただ実際は「研修報告書にはどのような意味がある?」「研修報告書の書き方が分からない」とお悩みの方もいることでしょう。

そこで今回は、研修報告書とはどのようなものなのか、書くべき理由や書き方、研修報告書作成に使えるテンプレートを紹介します。

 

アウトソーシングの活用で研修の効果を高める
\ ニューズベースの 研修運営アウトソーシングについて、詳しくはこちら/

研修運営アウトソーシングサービスの紹介資料はこちら

 

>>お問い合わせはこちら

研修報告書とは

研修報告書とは、研修の内容を報告するためのレポートのことです。どのような目的で研修を行ったのか、研修内容の改善や共有、研修によって得られた効果検証などを行うのに必要な資料となります。

詳しくは後述しますが、研修報告書は研修を受けた受講者が書くものと実施した主催者が書くものがあります。

 

研修報告書の種類

研修報告書には、研修を実施した主催者が書く「研修実施報告書」と研修を受けた受講者が書く「研修受講報告書」と、立場の違いによって2種類あります。

 

研修実施報告書:

研修を行った講師や人事担当者が書く研修報告書です。研修をどのような目的で行ったのか、得られた効果、予算や工数などを企業に報告します。この報告書をもとに効果測定を行い、次回の研修における内容や予算を再検討します。

 

研修受講報告書:

研修の受講者が書く研修報告書です。受講者本人が研修内容を理解しているかどうかを推し量るため、人事や企業が目を通します。理解度が低いようであれば、研修内容を再検討することもあります。また、研修報告書を書くことで、受講者本人が研修の内容を整理し、深く理解することにつながります。

 

研修報告書を書く目的

研修報告書を書く目的は大きく2つあります。

  • 研修内容の改善
  • 研修内容の共有

それぞれについて解説します。

 

研修内容の改善

研修はほとんどの場合、自社のノウハウ共有や社員のスキルアップを目的として行われます。自社にてさらに活躍できる人材を育成するために、企業はリソースやコストをかけて研修を開催します。しかし、研修内容が受講者にとって分かりにくいものであれば、費用対効果は低くなってしまいます。

そこで、受講者や主催者に研修報告書を提出してもらい、研修のどの部分に課題があったのかを導き出します。主催者側が意図する目的と、受講者が理解できた部分にできた差が改善すべき部分です。研修報告書から差分を把握し改善することで、より効果の高い研修開催へつなげていきます。

 

研修内容の共有

研修は、その規模にかかわらずどんなものであってもリソースやコストがかかります。限られた受講者だけしかその内容を知らない状況は、費用対効果的に好ましくありません。

受講者・主催者双方の研修報告書を公開すれば、研修内容を社員全員に共有することができます。それは結果的に社員全体のレベルアップにもつながるでしょう。

また、研修報告書は通常業務の遂行を助ける資料にもなります。蓄積された報告書やそれをまとめたデータが蓄積すれば、業務改善や効率化などにも役立てられます。

 

研修運営アウトソーシングの見積項目例こちら

主催者:研修報告書の書き方や記載内容

主催者側の研修報告書の記載内容について、明確なルールは存在しません。自由に記載することができるので、会社によって記載している内容が異なるというケースがほとんどです。

主催者が研修報告書に記載する主な内容は以下の通りです。

  • 研修の目的や目標
  • 具体的な実施内容
  • 実施の結果・効果
  • 次回に向けた改善

 

主催者:研修報告書を書くときのポイントや注意点

主催者側が研修報告書を作成する際は、次回の研修につながるようにポイントをおさえることが大切です。

以下を参考に、研修報告書を作成していきましょう。

  • 目的と目標は具体的に:研修の目的や目標は、できるだけ定量的なものを設定しましょう。研修後の効果測定がしやすくなります。
  • 実施結果や効果の記載:研修の効果を測定する際は、どのような結果を収集してデータとしたのか、何に対する効果を測定したのかを明確にしましょう。
  • 分析や提案:設定した目標と実際の結果にできた差が課題点や改善点です。どのような差が生まれてしまったのか、どうして差ができたのか、差を埋めるためにはどうすれば良いのかなどを分析して提案しましょう。

 

研修の主催者側が作成する研修報告書のテンプレートについて、こちらの記事にてまとめておりますので、ぜひご覧ください。

これで間違いなし!研修会報告書のテンプレートと書き方を紹介

お役立ち資料 研修担当者のためのTODOリスト はこちら

​​​​受講者:研修報告書の書き方や記載内容

受講者側の研修報告書についても、記載内容に明確な決まりはありません。

とはいえ、一人一人が研修報告書を自由に書いてしまうと、記載して欲しい内容が書かれていないこともあるので、記載してもらいたい項目をあらかじめ決めておきましょう。

研修報告書に記載する一般的な項目は以下の通りです。

  • 氏名
  • 作成日時
  • 実施日時
  • 開催場所
  • 講師名
  • 実施内容
  • 感想

この他にも付け足したい項目があれば追加して記載しましょう。

 

​​受講者:研修報告書を書くときのポイントや注意点

研修報告書を書く時のポイントや注意点は以下の通りです。

  • 研修の目的に合った内容を記載する
  • 事実に基づいた内容を記載する
  • わかりやすく記載する
  • 具体的な内容を記載する
  • 今後どのように活かしていくのかを記載する

1つずつ解説します。

 

研修の目的に合った内容を記載する

研修にはそれぞれの目的があります。「新入社員研修」であれば、社会人の基本的なマナーや心構えなど、社会人としての自覚や常識を持たせることが目的です。

その目的に対して「遂行することはできたのか」、「どういう学びを得ることができたのか」などを自分の言葉で記載しましょう。

 

事実に基づいた内容を記載する

研修報告書は他の従業員も見る書類です。そのため、事実に反する内容を記載した場合には他の研修報告書と整合性が取れなくなってしまいます。

必ず事実に基づいた内容を記載しましょう。

 

わかりやすく記載する

研修報告書を作成する時には読み手に伝わりやすいような文章を心がけるようにしましょう。難しい漢字や回りくどい表現などを使って研修報告書を作成した場合、非常にわかりづらい内容となってしまいます。

先ほども述べた通り、研修報告書は他の従業員も見る書類です。

そのため、誰が読んでもわかるような研修報告書の作成を心がけなければいけません。

また、研修で学んだ内容をただ書くだけではなく、自分なりの解釈も交えながら書くと、読み手に伝わりやすくなります。書く時には「です・ます調」や表記揺れなどの基本的なルールやマナーにも気を付けましょう。

 

具体的な内容を記載する

研修報告書は抽象的な内容ではなく、なるべく具体的な内容を記載しましょう。

例えば、若手社員研修でスキルアップや業務の効率化を目的とした研修報告書を作成するとします。その場合、「エクセルの関数について学んだので、事務処理の作業効率が向上した」など、具体的に何をやってどのような気づきを得ることができたのかを記載することで、読み手はイメージしやすくなります。

 

今後どのように活かしていくのかを記載する

研修は参加して終わりではありません。研修で学んだことをどのように活かしていくのかが最も重要です。自身のキャリアプランや業務内容と比べながら、なるべく具体的に記載しましょう。

 

お役立ち資料 研修運営アウトソーシングのための依頼準備シート はこちら

受講者側が書く研修報告書のテンプレート

受講者側が報告する際に実際に使える研修報告書のテンプレートを紹介します。

 

2022年〇月〇日

各位

〇〇部

鈴木太郎

新人研修実施報告書

表題の件、過日に行われました新人研修の報告をいたします。

 

1. 研修名:新人研修

 

2. 受講場所:〇〇研修センター(東京都〇〇区)

 

3. 日時:2022年〇月〇日~〇日:9:30-18:30

 

4. 講師

4.1. 研修1日目:株式会社マナー マナー講師:鈴木花子氏 、他3名

4.2. 研修2日目:理念経営株式会社 講師:鈴木一郎氏、他3名

4.3. 研修3日目:PC講座株式会社 講師:鈴木氏、他3名

 

5. 参加者: 2022年〇月入社、新卒社員

 

6. 研修内容

6.1. 研修1日目:ビジネスマナー講習(身だしなみ、名刺交換、電話対応、報連相、ビ ジネス敬語、他)

6.2. 研修2日目:経営理念教育(グループディスカッション)

6.3. 研修3日目:PC研修(Word、EXCEL)

 

7. 研修の「目的と目標」

7.1.目的:新入社員が現場ですぐにOJTに入れるようにする為

7.2.目標:着任前に当社の企業理念を理解し、最低限のマナーとPCスキルを持って持っ て実務を行うようにする

 

8.研修「結果と効果」

8.1研修結果:2022年度新卒50名に対して実施。PCに慣れていない新入社員も数名いた が、〇〇氏にもフォロー頂き、全員所定のレベルまで育成できた。

8.2.研修効果:インターンや説明会で当社の経営理念に共感し、入社志望した新入社員も 多くいたが、実際にグループディスカッションで、互いの理念に対する 想いを共有し使命が行動レベルでの目標を作成できた。現場の上長にも 共有し、OJTに繋げていきたい。

 

9.研修の「問題と改善点」

9.1.研修の問題点:ビジネスマナー研修については、受け身の社員も数名おり、完璧に 習得できなかった。

9.2.研修の改善点:ビジネスマナー研修の際は、前半にビジネスマナーの必要性を理解 してもらった上でロープレ研修に入る様、説明やテストのボリュー ムを上げる。また、ロープレも見切れるよう講師、もしくは人材育 成部より1名フォロー要員を増やす。

 

以 上

 

研修運営アウトソーシングの成功事例はこちら

まとめ

今回は研修報告書を書く理由や書き方・実際に使えるテンプレートなどを紹介しました。

研修報告書の記載する内容については決められていないので、社内で自由に記載内容を決めることが可能です。しかし、従業員一人一人が自由に書いてしまうと、記載して欲しい内容が書かれておらず、意味の無い研修報告書となってしまいます。

そのため、研修報告書で記載してもらいたい項目をあらかじめ決めておく必要があります。また、研修の目的に合った内容の記載や誰が見ても理解できるようなわかりやすい研修報告書の作成を心がけましょう。

弊社、株式会社ニューズベースでは研修運営アウトソーシングサービスを提供しています。「リソースが不足していて研修が開催できない」、「研修を定期的に開催できるようにしたい」など、研修でお困りのことがあればお気軽にご相談ください。

 

アウトソーシングの活用で研修の効果を高める
\ ニューズベースの 研修運営アウトソーシングについて、詳しくはこちら/

研修運営アウトソーシングサービスの紹介資料はこちら

 

>>お問い合わせはこちら

\ 成功事例・トレンド・お悩み対策や便利なテンプレートなど、有用な情報を配信中! /

メルマガ登録はこちら

関連記事

2022.05.02

オンボーディングとは?実施目的やメ...

オンボーディングとは、新入社員に対して少しでも早く会社に慣れてもらうための育成プログラム。導入することで、即戦力の確保や離職率の低...

2023.12.05

【ビジネスマナー研修】開催するメリ...

一般社団法人日本能率協会が調査した「ビジネスパーソン 1000人調査」によると、「あなた自身にとってビジネスマナーは、仕事をスムー...

2020.06.04

研修計画とは?作り方やポイントにつ...

研修を開催する上で重要なのが研修計画。研修計画が作り込まれていなければ、研修を成功させることは難しいでしょう。しかし、研修の開催経...

2023.12.20

スキルマップを導入するメリットやデ...

スキルマップとは、従業員一人ひとりのスキルを表で可視化したものですが、具体的にどのような効果が期待できるのか、気になる担当者もいる...