使いやすい有料のセミナー管理システム5選!機能と価格を紹介

公開日:2020.03.31  更新日:2024.07.19

セミナー管理システムは、セミナー運営担当者の負担を大きく削減できる便利なツールです。ツールによって自動化できる業務はどんどん自動化し、効率的なセミナー運営を心がけましょう。

この記事では、使いやすい有料のセミナー管理システムを5つ紹介します。

 

セミナー管理システムの選定や導入もプロの視点でサポート
\ ニューズベースのセミナープロデュース

ニューズベースのセミナープロデュースをご紹介します

 

>>お問い合わせはこちら

セミナー管理システムの導入メリット

セミナー管理システムとは、さまざまなセミナー業務を自動化して工数を大幅に削減し、業務の効率化を実現するものです。セミナー管理システムは数多くのメリットがあり、セミナー担当者にとっては必ず知っておくべきサービスといえます。

セミナー管理システムを導入することで、以下のようなメリットがあります。

  • 事前準備の負担を減らせる
  • セミナーの当日業務を効率化できる
  • データ管理・分析が容易になる
  • スタッフ間の情報共有がスムーズになる
  • 参加者の満足度向上を実現

それぞれ解説します。

 

事前準備の負担を減らせる

事前準備の負担を大きく軽減できることは、セミナー管理システムの大きなメリットです。

セミナー開催をするにあたり、さまざまな事前準備が必要です。中でも、告知用のWebページや申し込みフォームの設定はコストや手間がかかります。

セミナー管理システムを用いれば、Webページや申し込みフォームも簡単に作成可能です。例えば、申し込みフォームであれば必要な情報を入力すればすぐに作成できます。24時間365日申込受付でき、キャンセル対応やリマインドメールの送信を自動で行う設定も可能です。事前準備の負担を大きく軽減できることでしょう。

 

セミナーの当日業務を効率化できる

セミナー管理システムを導入すれば、セミナーを効率よく開催できるようになります。

例えば、セミナー当日は来場者受付や料金支払い、参加者の確認など手間のかかる業務が数多く発生するでしょう。スタッフに負担がかかるだけでなく、人的ミスなどのトラブルが発生することもあります。

セミナー管理システムを導入すれば、受付済み人数のリアルタイム把握、オンライン決済、QRコードチケットなどによって当日業務を効率化可能です。金銭のやり取りミスなども減らせるため、トラブル回避にも役立ちます。

 

データ管理・分析が容易になる

データ管理や分析も、セミナー管理システムがあれば簡単です。

セミナー管理システムによっては、参加者の出席率をはじめ各種情報を収集して分析できる機能があります。この機能を活用すれば、セミナーの費用対効果や目的達成率なども把握可能です。また、データを蓄積することで、次回以降のセミナー開催をより良いものにできます。

 

スタッフ間の情報共有がスムーズになる

セミナー管理システムがあれば、セミナーを開催する上で重要な、スタッフ間の情報共有がスムーズになります。

ほとんどのセミナー管理システムでは、運営スタッフ同士の情報共有機能があります。

例えば、リーダーや主要スタッフは全ての情報にアクセスできる、アルバイトスタッフは最低限の情報のみ共有できる、といった形で権限を分けることも可能です。

この機能を活用すれば、受付状況やイベントの進行状況なども簡単に共有できます。スムーズなセミナー開催には欠かせない機能といえるでしょう。

 

参加者の満足度向上を実現

セミナー管理システムの導入は、参加者にもメリットがあります。

例えば、一部のシステムではオンライン支払いやQRコードチケットの発行などの機能が使用可能です。自分に合った支払い方法を選べる、登録が簡単であることは、セミナー参加への心理的ハードルを低くすることにつながります。

また、実際に受付がスムーズにできれば、「気軽に入れて良かった」と満足してくれることでしょう。満足度が高まれば、「また参加したい」とリピートにもつながります。

 

セミナーカンファレンス運営代行の見積項目例はこちら

セミナー管理システムの主な機能

セミナー管理システムは、サービスを提供しているベンダーごとに利用できる機能が異なります。そのため、利用したい機能が搭載されているかどうかを事前にチェックすることが大切です。
一般的には以下のような機能があります。

  • イベントページ作成機能
  • 予約システム・申し込みフォーム作成機能
  • QRコードチケット発行機能
  • オンライン決済機能
  • 参加者管理機能(個人情報、連絡先、カード情報、受講履歴など)
  • 参加者リスト作成機能
  • 参加者へメールの一斉送信機能
  • セミナー資料の共有機能
  • 運営側の情報共有機能

 

おすすめのセミナー管理システム5選(有料)

セミナー管理システムにも様々なものがありますが、この記事では「使いやすさ」に注目し、5つのセミナー管理システムを紹介します。

「すぐに使い始めたい」という方は、ぜひ参考にしてください。

 

イーベ

【機能】

・クレジットカードによる事前支払い受付(stripe/paypalアカウント利用)

・参加者は申込時にアカウントを作る必要がない

・入金状況を一覧管理

・QRコードで受付チェック

・個別メール配信、自動リマインドメール配信

 

【プラン・料金】

パーソナル:月額5,500円

ベーシック:月額16,500円

プレミアム:月額33,000円

 

流れに沿って入力していけば申込受付ページが作成でき、知識があればcssやhtmlによるカスタマイズも可能。初心者から上級者まで扱いやすい機能を備えています。

終了したイベントの情報ストック、メルマガ配信など、アフターフォロー機能も充実。また、用途に合わせて3つのプランから選べるほか、30日間の無料体験もできます。

https://www.event-form.jp/

 

EventCreate

【機能】

・申込フォーム・告示ページが簡単に作れる

・一斉配信や自動返信、予約配信メールも

・アンケート作成・集計機能が充実

・QRコードによる受付管理

 

【プラン・料金】

継続プラン・要お問い合わせ

単発プラン・要お問い合わせ

 

誰でも簡単に使えるEventCreate。充実した受付・申込管理機能とアンケート機能が特徴です。

もともと所有している顧客リストを取り込んだメール配信が行えるほか、定員や日時で申し込みの自動締め切り機能も可能。継続的なセミナー運営には「継続プラン」、単発のセミナーであれば「単発プラン」がおすすめです。30日間限定の無料お試しも実施しています。

https://www.eventcreate.jp/

 

SPIRAL

【機能】

・イベントページ作成

・複数セミナー同時運営

・仮登録・本登録のフロー構築

・効果測定ツール

・会員管理

 

【料金】

初期費用:100,000円(アカウント発行費)

月額費用:50,000円~

 

パイプドビッツ社のSPIRALは、複数セミナーの同時運営や大規模セミナー、小規模セミナー、定期的なセミナー等、多様なセミナー開催のニーズに対応するセミナー管理システムです。イベントページ作成からQRコードによる当日受付、セミナー後のフォローメールまで一括で管理できるほか、メールマーケティングやリサーチに応用できるデータ分析機能も充実しています。

また、システムの脆弱性検査で最高レベルA++の評価を得たセキュリティの高さも特徴です。

https://www.pi-pe.co.jp/lp/seminar.html

 

Event Cloud Mix

【機能】

・集客/登録管理

・イベントサイト・メール配信管理

・タスク・当日来場管理

・顧客・出展社/協賛社/講演社管理

・イベントモバイルアプリ・システム管理

 

【プラン・料金】

プランSS:月額9,800円

プランS:月額19,800円

プランM:月額29,800円

プランL:月額80,000円

カスタム:要お問い合わせ。全機能無制限

 

100を超える機能がオールインワンで、カスタマイズ性に優れるEvent Cloud Mix。これ1つでセミナーに使えるすべての機能がパックになっているため、複数のシステムをやりくりする必要がなく、多様な機能を持ちながらも扱いやすいシステムとなっています。

セミナー運営を一元化して管理することでコスト削減を実現。プランごとに使える機能がわかりやすいのが特徴です。

https://eventcloudmix.com/

 

COPRO Q-PASS

【機能】

・Web申込フォームをスピーディーに作成

・QRコードによる来場受付と来場者データの集計

・顧客管理機能

・web以外の必要業務代行もお任せ

(受付事務局運営・電話サポート・招待状発送・イベント当日の各種人的支援)

 

【プラン・料金】

Q-Business

Q-Entry

Q-Mobile

※料金は要お問い合わせ

 

コプロシステム社が販売している「COPRO Q-PASS」。システムの提供だけでなく、web業務以外にも受付事務局や会場スタッフなど、人的支援も行っているのが特徴です。

登録受付から来場者データ出力によるデータ分析まで一括して利用できる「Q-Business」、受付機能に特化した「Q-Entry」、スマートフォンアプリを利用した「Q-Mobile」の3つの商品が用意されています。

https://www.e-uketsuke.jp/q-pass-lp/

 

セミナー運営の事例ページはこちら

まとめ

セミナー管理システムは、「これが欲しかった」という痒い所に手が届く機能を多く持っています。

マーケティング手段としてセミナーを頻繁に活用する企業であれば、ぜひ導入を検討してみるべきでしょう。

セミナー管理システムの他にセミナーの運営を効率化する手段として、「セミナー運営代行サービス」の活用が挙げられます。セミナー業務の代行サービスは人的リソースやシステム、ノウハウを補う手段として大きな効果を持っています。

株式会社ニューズベースはセミナー運営の代行に特化したアウトソーシング業者であり、セミナー業務を効率化し、運用するプロフェッショナルです。セミナー運営でお困りのことがあれば、お気軽にご相談ください。

 

セミナー管理システムの選定や導入もプロの視点でサポート
\ ニューズベースのセミナープロデュース

ニューズベースのセミナープロデュースをご紹介します

 

>>お問い合わせはこちら

\ 成功事例・トレンド・お悩み対策や便利なテンプレートなど、有用な情報を配信中! /

メルマガ登録はこちら

関連記事

2020.04.28

効果的な回答を得るために!セミナー...

セミナーを実施したら効果測定するために受講者にアンケートを答えてもらうのは形式上当たり前ですよね。しかし、漠然とアンケートを作成し...

2024.04.23

【Zoom】ウェビナーとミーティン...

本記事では、ZoomウェビナーとZoomミーティングの主な違いや活用する際の注意点について解説します。それぞれの違いについて詳しく...

2022.04.26

ウェビナーの配信形式やメリット・デ...

ウェビナーとは、ウェブとセミナーを組み合わせた造語。新型コロナウイルスの影響もあり、注目されています。ウェビナーにはどのような特徴...

2020.04.14

セミナーの成功は準備が9割! スケ...

企業セミナーが成功するかどうかは、準備で9割が決まります。しかし、準備のコツを知らなければ、準備期間を活かせずセミナー当日を迎えて...